フランチャイズ問題情報.com >  service   >  FC本部向けサービス

FC本部向けサービス

貴社のフランチャイズ展開を法務面から強力バックアップ

弁護士法人ポートでは、数々のフランチャイズ関連事件を解決に導いてきた実績を生かし、フランチャイズ本部(フランチャイザー)様向けの法律サービスを提供しています。事業ライセンス契約や販売代理店契約など、フランチャイズ契約類似の本部事業を展開している企業様にも対応しております。

フランチャイズ本部向けサービス

新規FCチェーン構築のサポートはもちろん、加盟者との競業避止義務や損害賠償を巡るトラブル、直営店や加盟店の入居物件の賃貸借契約に関するご相談、加盟店従業員との間の紛争に関するご相談など、フランチャイズ事業に関する幅広い問題について法的側面からのバックアップが可能です。

このようなフランチャイズ本部様はご相談ください

  • フランチャイズ加盟者との間でトラブルとなっている
  • フランチャイズ契約書や法定開示書面を作成・改訂したい
  • 不動産賃貸借契約を締結/見直したい
  • 店舗の賃貸人から立ち退きや賃料増額を要求されている
  • 傘下の店舗で雇用している問題社員に関して対応を相談したい
  • 商標を第三者が勝手に使用している
  • クレーマーから不当要求をされている
  • 継続的に相談できる顧問弁護士を探している

その他、フランチャイズ事業に関するあらゆる法律相談に対応しています。

弁護士法人ポートによるFC本部向けサービスの特長

特長1 フランチャイズ事件を多数解決してきた弁護士が担当

フランチャイズ契約にかかわる法律問題については、そもそもの契約内容が複雑であるばかりでなく、関係する法律が多岐にわたる場合も少なくありません。このため、弁護士がフランチャイズ本部様に有益な助言をするためには、フランチャイズ関連事件への対応経験が極めて重要であるといえます。

弁護士法人ポートでは、著名事件を含む多数のフランチャイズ事件を解決してきた実績がありますので、問題の本質を捉えた適切な助言を行うことが可能です。

特長2 不動産や労働法務を含めた総合的なサポートが可能

フランチャイズ本部様が事業展開を進めていく上では、FC加盟者との関係だけでなく、店舗物件の不動産問題(賃貸借契約締結・賃料増減額・立ち退き問題など)や、チェーン内の店舗で雇用している従業員との労働トラブルなど、幅広い法律問題が発生します。

弁護士法人ポートでは、不動産法や労働法務に特化した弁護士が在籍しており、こうした派生的な法律問題についても、総合的なサポートを提供することが可能です。

特長3 弁護士法人組織だからできる迅速な対応力

フランチャイズ関連事件では、加盟者が予想外の行動に出るなどして、時として緊急の対応が必要となるケースがあります。そのような場合、小さな組織では多忙な弁護士のスケジュール調整がつかず、結果として対応が後手に回り、状況が不利になる恐れがあります。

弁護士法人ポートでは、法人全体で8名(平成30年5月現在)の弁護士が在籍し、虎ノ門、川越、熊谷と複数の拠点を設置しておりますので、緊急の事案が発生した場合でも、弁護士による迅速な対応をすることが可能です。

弁護士費用

1 法律相談

初回法律相談 定額3万円(2時間まで)
2回目以降 1時間あたり3万円(10分単位で計算します)

2 加盟店との紛争対応

着手金 50万円(20時間分のタイムチャージを含む)
タイムチャージ 1時間あたり2万円(対応時間が20時間を超過した場合に発生)
報酬金 経済的利益の額の5%~15%

3 その他の個別案件対応

ご相談時にお見積もり致します

4 顧問契約

顧問料 月額5万円~20万円

顧問先の企業様につきましては、上記2ないし3の料金が原則10%~20%割引となります。

  • ※表記は全て税別となります
  • ※事案処理に要する実費は別途ご負担いただきます
call.png